ミラノ在住 某ブランドの裏方で日々奮闘中
by consolatrice
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体

料理
シーズン
ongaku
Shopping
Vino
Milano
ニュース
日常
Firenze
Movie
Torino
Paris
Fashion
写真
おいしいお店
Japan
おうち
検索
フォロー中のブログ
下町グルメ探訪
ogni tanto -...
ブログパーツ
以前の記事
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
more...
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:Firenze( 9 )

久々のFirenze

6月にミラノに再び引っ越して以来、約4ヶ月ぶりに
Firenzeへ出張で訪れました。
仕事が忙しく、なんだか散々だったFirenze生活でしたが、
やはり半年以上住んだ街に久しぶりに戻ると、多少なりとも
懐かしく感じるものです。色々な記憶が頭の中を廻りました。

今の仕事では、Firenzeに出張することは、年に2-3回くらいしか
ないようなので、久々に前職の同僚と食事でも・・と思い
仲良の良かった同僚に連絡してみました。
ところが、二人とも出張で不在・・代わりに別の友人と・・
と思ったら、彼女は取材でSardegnaへ。。
他にも連絡する友人はいたのですが、出張続きで疲れていたこともあり、
あまり気を使う相手にわざわざ連絡する元気もなかったので、
一人で、お気に入りのエノテカへ・・・。
ところがこの日は、たまたまこの店のスタッフの食事会だったらしく、
いつもより一時間早く8時には閉店に・・・。
エノテカでは軽くつまんだだけだったので、
気を取り直して、ラーメン屋へ。。
Firenzeには日本人が作っているラーメン屋さんがあるのです。
・・ところが、、この日は定休日でお休みでした。
8時半に、小腹が空いたままFirenzeの街をふらふら(ぶらぶらではなく)
したのですが、結局何も食べずに、ホテルに戻って寝ました。

やっぱり、Firenzeとの相性が良くないのかなー。

d0102900_6481624.jpg

[PR]
by consolatrice | 2009-10-28 06:50 | Firenze

さよならFirenze・・・最期の週末

この週末は、早くもFirenze生活最期の週末となりました。
Firenzeの生活は、仕事が中心で、日本のサラリーマンのようでした。
仕事がハードでなかなか生活にもなじめず、辛く長く感じましたが、
終わってしまえば、やはり6ヶ月あまりは、本当に短いね。
ちょっと寂しいです。
仲良くなった同僚と別れるのも、美しい町並みと別れるのも・・。
でも、ミラノの気楽な生活に戻れるのはうれしいけど・・。
さよなら・・フィレンツェ
d0102900_648373.jpg
d0102900_64936.jpg
d0102900_6492554.jpg
d0102900_6502235.jpg

[PR]
by consolatrice | 2009-06-02 06:50 | Firenze

癒しの空間

ミラノから来てくれた友人夫妻と一緒に、再びFirenzeのフォーシーズンホテルを訪れました。
軽くお茶をしてお庭を散歩しただけなのですが、きれいに手入れの行き届いた庭と
美しい調度品、そしてスタッフのサービスの素晴らしさに感動しました。
サンデーブランチをしているらしく、日曜日は早くからお客様が入っていて
ランチは予約で一杯のようでした。
彼らと、次回はサンデーブランチを・・という約束をして、
この癒しの空間を去りました。
それにしても、本当にスタッフの親切さとサービスに嫌味がなく素晴らしい・・。
d0102900_21542272.jpg


d0102900_2155223.jpg

[PR]
by consolatrice | 2009-04-10 21:53 | Firenze

Dolcissima!

FirenzeのOltrearnoというアルノ河の向かい側(Pitti側)のエリアに、
Dolcissimaというお菓子やさんがあります。
たまたま知り合いの彼女の友人(日本人)が、そこで働いているという話を聞き
わざわざイタリアでお菓子修行する・・っていうことは、おいしいはず・・。
ということで、早速行ってみました。
Parisのお菓子にはさすがにかないませんが、イタリアの典型的なお菓子屋さんとは
一味違う、繊細で甘み控えめのお菓子が食べられます。
お店も真っ白でかわいらしく、ちょっとイタリアっぽくないかも。
機会があれば是非、お試しを。
Dolcissima Via Maggio Firenze
d0102900_2141881.jpg

[PR]
by consolatrice | 2009-04-10 21:39 | Firenze

Firenze中央市場

先週は、ミラノから友人夫婦が来るということで、
久しぶりに、週末をFirenzeで過ごしました。
夜は我が家での食事を予定していたので、
早速朝から張り切って中央市場へ。
Firenzeの中央市場は、二階建ての古い建物の中にあります。
周囲には、いわゆる食堂のようなトラットリアがたくさんあり、
市場の中にもカウンターで食事できるところがあります。
Firenzeといえばビステッカで有名なだけあって、市場は
魚介は野菜もさることながら、肉が充実しています。
そして、肉が安い!
Bistecca Fiorentinaなどは、ミラノでは平均で1kg25~30ユーロくらいなのですが、
Firenzeの市場では15~18ユーロくらいで売っています。
他にも、下の写真のようにトリッパなどの内臓のみを扱っているお店も。。
暖かくなったら、ここで肉を買って家の中庭でBBQとかもやってみたいけど。。
煙と臭いで近所からクレームくるかな。。


d0102900_21331791.jpg
d0102900_21321984.jpg
d0102900_21324783.jpg

[PR]
by consolatrice | 2009-04-10 21:32 | Firenze

引越し先ご紹介

なんだかあまりにPrivateで恐縮ですが
一応Firenzeの生活スペースをご紹介します。
10件見た物件のうち、これに決めました。
キッチン+Livingと寝室、小さなお庭のついた
日本でいう1LDK、イタリアのbilocaleの物件です。
冷暖房はかなり効いてます。冬は暖かいです。
遊びに来てね。


d0102900_8533072.jpg
d0102900_8535797.jpg
d0102900_8542389.jpg
d0102900_8544455.jpg

[PR]
by consolatrice | 2009-01-16 08:54 | Firenze

晴天!!

26日は、風が強く晴天となりました。
そこで、Firenzeの街が一望できるSan Michele広場へ。
San Nicolo地区を抜け、坂を登って行くとそこからは、アルノ河を隔てて
フィレンツェの町が一望できます。
でも、寒かったー。

d0102900_232969.jpg
d0102900_2324076.jpg
d0102900_233157.jpg

[PR]
by consolatrice | 2008-12-29 23:03 | Firenze

Firenzeのクリスマス

25日・26日はクリスマスで、日本のお正月のように全ての店が閉まっています。
下は、FirenzeのSan Lorenzoの広場なのですが、
日頃メルカートの出店がひしめく広場も、25日はこんな感じでした。
がらがらです。
それにしても、寒かった!!
d0102900_22571911.jpg
d0102900_22574062.jpg

[PR]
by consolatrice | 2008-12-29 22:57 | Firenze

Firenzeで家探し・・・あーしんど

Firenze行きをあと3週間後に控え、家探しを始めました。
ミラノから数件の不動産屋に電話を入れ、木曜日の夜から金曜日の夕方までに
10件の物件を見ました。
最初に見たのは、Tornabuoniの裏手・・というかアルノ川とS.M.Novellaの間くらいの
細い路地にある物件。
改装をしたところで、まだ誰も住んだことのない新品の物件でした。
キッチンもバスも完璧で、静かだし問題なし。。
かなりテンションがあがりました。
唯一は、採光が少なく、天井も広くはないのでやや閉塞感が。。
まあ、可もなく不可もなく・・というとことでしょうか。レジデンスっぽい。
d0102900_20211579.jpg
d0102900_2021369.jpg
翌日は、朝9時半からスタート、RobertaというフレンドリーなSignoraが
S.Croce地区から案内してくれました。
最初の2件は、天井が高くロフトになったしゃれた物件だったのですが、
やや使い古された感じ。。
3件目は、Pitti宮のすぐ近くにあるデザイン物件。
キッチンはかなり小さいのですが、きれいでバスルームは2年前に改装されたのでほぼ新品でした。床はチェリー材で天井には梁があり、家具はミッドセンチェリー・・という感じでしょうか。
2階建てになっていて階段も全てチェリー材。
収納もたくさんあり、素敵なのですが、車の多い通りに面した3階(日本の4階)で
エレベーターなし。。出張のたびにトランクを運ぶことと騒音を考えると・・・うーむ。。
d0102900_20223563.jpg
d0102900_20225333.jpg
d0102900_20231857.jpg
3件目をみたところで、Robertaとは別れ、今度はFirenzeの北の方へ。
こちらは、Four Seasonsの近くの静かな住宅街。
物件は2つベッドルームがあって見晴らしも良く、静かだったのですが、
予算をオーバー。
d0102900_20235652.jpg
続いて、同じ北側のバス通りに面した物件へ。
こちらは、地上階。。うーむ・・と思いつつ中へ入ると、小さな中庭が。
中庭の向こう側は軍の施設ということで、侵入者は絶対無し。とのこと。
インテリアがちょっと気になったのですが、
バスもキッチンもほぼ新品で管理人もいるとのこと。。
とりあえず、ここかなあ。。
d0102900_20244490.jpg
d0102900_2025457.jpg

その後、引き続き川の南側のSanto Spirito地区、
ブティックの立ち並ぶTornabuoni、Vigna Nuovaと4件の物件を
立て続けに見ました。
中には、フレスコ画が天井にあったり、
Firenzeならではの素敵な物件もあったのですが、
エアコンがなかったり、水周りに不安があったりと、古さが気になりました。
あー、これで決められるかな・・。
知らない街でいきなり住まいを決めるのは難しいなあ・・とつくづく思いました。
d0102900_20255026.jpg

d0102900_20274746.jpg

[PR]
by consolatrice | 2008-10-26 20:27 | Firenze