ミラノ在住 某ブランドの裏方で日々奮闘中
by consolatrice
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


カテゴリ:おいしいお店( 34 )

プーリアの夏休み2013 その2

Corgliano D'Otrantoは、小さな街にも関わらず、洒落た美味しいレストランがいくつかありました。
初日の夜に訪れたのは、こちら。OLO KALO'
中庭のテーブルで、素朴な地元料理が頂けます。
馬肉のポルペッタ(肉団子のフライ)はこの辺の郷土料理でよく見かけます。
相方は、やはりこの辺の郷土料理の、ひよこ豆のスープに手打ちのパスタが入っていてその上に揚げたパスタがのっているCiceri e Trieという料理を注文しました。この店はスローフード協会が監修するガイドブックにも載っています。
普通においしく頂けました。一人25-30ユーロくらいだったかな。
d0102900_215233.jpg

d0102900_215532.jpg


翌日のランチには、同じ街のESTIAというレストランに行きました。
この時期、内陸の街の昼間は閑散としていてどの店も閉まっていたのですが、たまたま通りかかったこのお店は当たりでした。
レストランなので、若干お値段は高い目ですが、洗練された料理が楽しめます。
ランチだったので、前菜を二人で分けて、リゾットで終わりました。
前菜のマグロのスモークが絶品でした。これって自家製なのか、それとも売ってるのかな?
旅行中何度か生のマグロを食べる機会があったのですが、どれも赤身自体に味がしっかりしていて塩をして置いてるのかな、、というくらい自然の塩味がしました。
ちょっと研究してみましょう。
d0102900_2244678.jpg

d0102900_22581.jpg

d0102900_225297.jpg

[PR]
by consolatrice | 2013-09-02 02:25 | おいしいお店

ミラノのお気に入りスポット Isola地区その2

RATANAと比べると少しカジュアルな雰囲気のもう一つのお気に入りは、
こちらEX MAURI
バカラや鰯などを使ったヴェネト料理と、イタリア料理少しアレンジしたオリジナルメニューが楽しめます。

d0102900_1143223.jpg


こちらは、ヴェネト料理のSardine Saur。
いわゆる南蛮漬けみたいなもんですね。ここのは、鰯が揚げたてで出てきます。
d0102900_1183714.jpg


こちらは、黒米のリゾット。なんかすごくおいしかったけど、ちょっと昔なので何が入ってたか覚えてないな。
d0102900_122643.jpg

[PR]
by consolatrice | 2013-04-08 01:22 | おいしいお店

ミラノのお気に入りスポット Isola地区その1

我が家のすぐ近くに、新しく地下鉄が通りました。
今の所開通したのはZaraという駅から北の方のBicoccaという開発地域方面だけなのですが、そのうちガリバルディ駅からさらに南の方まで繋がる予定です。

家から近いという事もあって、Isola地区へ出かける事が多いのですが、
ガリバルディ駅周辺の都市開発に伴って、Isola地区にも少しずつ活気が出てきました。
ということで、Isolaのお気に入りのお店をご紹介したいと思います。

まずは、こちら。RATANA'
昔駅だった建物を改装したらしいこのお店は、ミラノの中心では珍しい一軒家です。
スローフード協会のお墨付きのこのお店には、ベジタリアンメニューもあり、北イタリアのクラシックな料理を少しモダンにアレンジした料理がいただけます。

d0102900_0594022.jpg

d0102900_115264.jpg

[PR]
by consolatrice | 2013-04-08 01:03 | おいしいお店

L'Officina@Perugia

ペルージア滞在2日目の夜、街の中心街から少し外れたところを散策していると、ちょっと洒落たワインバーを発見。その隣には、バーと同じオーナーが経営するL'Officinaというレストランがありました。

オーナーはギリシャ人、シェフとソムリエは日本人という、ペルージアらしいインターナショナルなお店で、料理も繊細で独創的な料理が楽しめました。

d0102900_04161.jpg


こちらは、青菜と温泉卵のカプチーノ仕立て。あっさりしてて美味しかった。
d0102900_0452817.jpg


こちらは、クリスピーな皮の中に牛のタルタルが入っていて、上にマスカルポーネの泡がのっていました。シンプルな味付けに食感のミックスがおいしかった。
d0102900_0474960.jpg


相方は、ズッキーニとバカラのミルフィーユ風と牛のタリアータを頼みました。
どれも美味しかった。また今度トリュフの時期に行きたいな。
d0102900_052206.jpg

[PR]
by consolatrice | 2012-11-02 00:52 | おいしいお店

Masseria Melcarne @ Surbo (Lecce)

Ostuniから帰った後、身支度をして再び車で友人宅へ。
この日の夜は、ミラノから旅行に来ている他の友人達と皆で郊外のレストランへ。
この辺りのオリーブ畑やぶどう畑の合間にはMasseriaと呼ばれる昔の庄屋のお屋敷のようなお城やVillaがあり、今ではホテルやレストランなどに改装されています。
この日は、MelcarneというLecceの郊外にあるレストランで食事をしました。
オリーブ畑の合間、舗装されてない道を抜けて行くと、石造りのお城が。外には椅子とテーブルが並べてあって、ロウソクの灯りの中食事ができます。食事はこの地方のいわゆる郷土料理が中心で、私は前菜と肉のグリルを注文し、ワインを飲んでお腹いっぱい食べて一人なんと20ユーロでした。
車がないと辿り着けませんが、満点の星空の下でする食事はとにかく最高です。
d0102900_0535259.jpg

d0102900_0535290.jpg

この日は、Ferragostoの翌日だったので、友人の実家のある街のお祭りに立ち寄りました。サレントのルミナリエはとても有名なようで、この小さな街もこの夜はかなりの人でした。
朝から活動して深夜まで長い一日だったけど、南イタリアの夏休を満喫しました。
d0102900_0583025.jpg

d0102900_0585768.jpg

[PR]
by consolatrice | 2012-09-24 00:59 | おいしいお店

La Piazza @ Poggiardo

プーリア4日目の夕食は、iPhoneにダウンロードしたOsteria di Italiaに載っていたレストランへ。宿泊先のDisoから車で15分ほどのところにあるPoggiardoという街の広場にあるレストランです。
クラシックな店構えの店の奥には、大きなヤシの木が生えた南国風の中庭が。
前日は予約で一杯だったので、この日は早めに予約を取りました。
二人で前菜の盛り合わせを頼み、私はその後メインに子牛のタリアータを。
食事の前には、突出しにチコリの入ったフリットが出てきたのですが、これがめちゃウマでした。
前菜は、揚げ物が多く、タコのミートボール、コロッケ、花ズッキーニのフライ、オマール貝と空豆のピュレなどなど、盛りだくさんでした。メインの子牛は今でも思い出せるくらい、柔らかくてジューシーでおいしかったです。
大満足で食事を終え、街を散策してホテルに戻りました。
タコのミートボールに恐らくイカが入っていたのか、実は深夜ひどい食あたりになってしまったのでした。でもこのお店は是非また行きたいです。次回は内容を十分確認したものを食べるようにします。アレルギーって怖い。
La Piazza
Piazza Umberto I, 13
Poggiardo

d0102900_2285445.jpg

d0102900_2292854.jpg

d0102900_2295829.jpg

[PR]
by consolatrice | 2012-09-08 22:10 | おいしいお店

魚系ファーストフード?

Diso宿泊初日の夜。
今回の旅行で夕食をするレストラン探しは初めて。
ガイドブックも持たずに旅行していたので、どこに行っていいか分からず、
ホテルの人に聞いてみた所、最初にホテルの運営する海辺のバーで
アペをしようということになって行ってみました。。。
ところが、ワンドリンクはミラノの以上の値段で、
ビュッフェの料理はかなりイマイチ。。
もちろん、地元の人など来るはずもなく、客も私達だけ。。
かなりがっかりしたので、ホテルの人が紹介してくれた
レストランに行くのも辞めて、車で嗅覚を頼りに探す事に。

Disoには何もないので、隣のCastroという街まで行ってうろうろしていたところ、なかなか決まらず空腹もかなり極限に。。
ふと見ると、ゲームセンターなのかボーリング場なのか、駐車場に溢れるほど車が止まっているのを発見。その奥にちらっと魚屋が見え。。
d0102900_1963237.jpg


興味津々で人ごみをかき分けて行くと、そこは魚屋に隣接したフリットの店。
フリット以外にも、生のアサリやムール貝、ウニなどが食べられ、
他にもプーリア料理が。。
100人以上の人が待っていたのですが、実際の待ち時間は10-20分くらいだったので、思い切ってトライしました。
最初にメニューの書いてある紙にオーダーを自分で書き込み、レジで支払い、番号を渡されるので、番号が呼ばれたら食べ物を取りに行くシステムです。
私は、ムール貝とポテトとお米のグラタン(プーリアの郷土料理)と肉団子のフライを注文しました。お味は、、まあまあでしたね。相方は、マグロのステーキを頼んだのですが、これは味付けも焼き加減も絶妙で美味しかった。お腹も大して空いていなかったので、軽く適当に食べるには丁度いい感じ。レストランの料理ではないけど、安く手軽に魚が食べられるという事で地元の人達で、ものすごーくにぎわってました。
料金は、ビールと合わせて二人で30−35ユーロくらいだったかな。。

d0102900_1972093.jpg

[PR]
by consolatrice | 2012-09-02 19:09 | おいしいお店

I Bologna @ Piemonte

ワイナリー訪問の後は、ワイナリーの先代の弟さんが経営する
I Bolognaというレストランに行きました。
こちらは、コースメニューで、いくつかのチョイスの中から
選べるのですが、私は、前菜にはVitello Tonnato(子牛のツナマヨネーズソース)を頼んで、パスタは半量ずつ2種類(アニョロッティという肉の入った手打ちパスタとタリオリーニのジェノベーゼソーズ)、メインに子豚の石焼を頼みました。
この日は帰国中で不在だったのですが、厨房には日本人シェフもいるようです。
ここのおすすめは、なんと言ってもオーナーの奥さんであり、
メインシェフのマンマが作る手打ち麺です。
Tajarin(タリオリーニ)の薄さと歯ごたえとツルツル感は他では味わえません。
シンプルだけど、丁寧に作った質の高い料理は是非一度
足を伸ばして行く価値があると思います。
お値段もリーズナブルでした。
d0102900_625247.jpg

[PR]
by consolatrice | 2012-08-02 06:02 | おいしいお店

バルセロナの夜 

今回のバルセロナ出張も一人だったので、
一人の夕食の強い味方、Botafumeiroへ。
以前にも書いたのですがこの老舗のお店を私が好きな理由は、そのサービス。
カウンターに一人で座ると、ジャンレノ似のバーテンダーが
グラスを一杯にすると温くなってしまうからと
白ワインを少しずつサービスしてくれます。
この日は、食後に食後酒もサービスしてくれて、値段を見ると、
結構飲んだのにグラス一杯分しかチャージされていませんでした。
また来ます。
d0102900_23231643.jpg

d0102900_23231121.jpg

[PR]
by consolatrice | 2012-06-02 23:23 | おいしいお店

U Barba Milano

この週末は、パリから友人夫妻が遊びに来ていたので、
飲み食い三昧でした。
土曜日のランチは、Corso Lodiの方の住宅街の中にある
U Barbaというリグーリア料理の店に行ってきました。
天気が良かったので、広い中庭に面した席へ。
料理は特に凝ったものがある訳ではなく、
リグーリアの家庭料理が出てきます。
おすすめは、前菜のバカラのフリットと、イワシのフリットかな。
開いたカタクチイワシの間にリコッタチーズとバジリコを挟んで
パン粉をまぶしてフライにしています。
どちらにもジェノベーゼのソースが付いてきます。
私は、前菜の後ジェノベーゼのパスタを注文しました。

この店は、内装がちょっと洒落ていて、
中庭には、Bocciaというゲートボールのような球遊びが
できるスペースがあります。
夏の夜などに来ても素敵でしょうね。

d0102900_2353356.jpg

d0102900_23534027.jpg

d0102900_23542133.jpg

[PR]
by consolatrice | 2012-05-01 23:54 | おいしいお店