ミラノ在住 某ブランドの裏方で日々奮闘中
by consolatrice
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


カテゴリ:Japan( 11 )

日本の夏休み 東京編ーおいしかった!

今回の夏休の滞在は、暑いし、胃腸も本調子じゃないし、、ということで、特にグルメ三昧というわけではありませんでしたが、おいしいものも食べに行きました。
中でも、印象に残っているのがこちら。。「いのこや」という豚料理専門のチェーン店の豚蒸ししゃぶです。無菌豚を使っているので、半生でも行けます。
疲れた胃袋に、野菜と柔らかい豚の甘みが、じわーっと。。おいしかったです。
d0102900_449289.jpg

もう一つは、こちら。
ままかり」「メヒカリ」の天ぷらです。神田にある「岩戸」というこちらの居酒屋さんのお食事はどれもおいしいのですが、この天ぷらは、衣がさくさくで中がふわふわでジューシー。。また行きたいですね。
d0102900_4514763.jpg


d0102900_453897.jpg

[PR]
by consolatrice | 2010-09-07 04:53 | Japan

日本の夏休み 東京編ー東京

久々に日本の田舎に行って、やっぱり田舎はいいなあ。。
都会はどこもごちゃごちゃしてて、、と思ったのですが、
先日、丸の内を歩いて、町並みがきれいになっているのに驚きました。
ミラノのような田舎町に住んでいると、あの空間、、しかもゴミ一つなくて美しく洗練された建物と巨大な高層ビルに囲まれると、やはり世界第二位の経済大国なんだな、、というのを実感しました。
日本の底力というか、なんていうんでしょうね。自分がちっぽけな感じ。
ミラノにいると、いい意味でも悪い意味でも、そんな感覚に陥るようなことはないのです。
やはり、丸の内って洗練された都会ですね。バックに見える皇居も美しい。
次回は、少しゆっくりあの辺を歩いてみるのもいいですね。気温がもう少し低い時に。。
d0102900_4213921.jpg
d0102900_421479.jpg
d0102900_4202548.jpg
d0102900_4195125.jpg

[PR]
by consolatrice | 2010-09-07 04:21 | Japan

日本の夏休み 東京編ー合羽橋

沖縄、大阪、栃木と周り、最後に東京へ辿り着きました。
今回、どうしても行っておきたかったのが合羽橋道具街です。
大したものではないのですが、いくつか調理道具を揃えたく。。
行ってすぐに気がついたのが、カッパをモチーフにした(全然関係ないのもたくさんありますが)キャラものの数々。。商店街中のあちこちにオリジナルキャラが登場していました。
私が調理道具を物色する最中、相方が片っ端からキャラを撮ってくれました。
どれも味があるのですが、私の一番のお気に入りはこちらです。
d0102900_3584688.jpg

日本の伝統的なキャラクターものも売っています。こうして見ると、日本って伝統的にキャラクター物の文化があるのかな。
d0102900_40202.jpg

一番不気味だったのは、こちらです。なんかシュール。
d0102900_411045.jpg

その他にも、たくさんのキャラにあふれていました。
d0102900_422425.jpg

[PR]
by consolatrice | 2010-09-07 04:02 | Japan

日本の夏休み 福島編ー大内宿

那須に着いた翌日は、兄と姪っ子達と一緒に、
福島県の南会津郡にある大内宿という宿場町に行きました。
ここには、茅葺き屋根の家などが残されていて、水戸黄門のセットのような町並みがちょこんと残されています。確か、昔はこんな観光地なかった気がするんだけど。。
どうやら、最近になって国から指定を受けたようで、それから町並み保存に注力し、今では観光地になっているようです。
那須は、高原なので涼しいのですが、会津は盆地なのでめちゃめちゃ暑かったです。
この小さな集落のほとんどが、今ではお土産屋さんか食堂になっていましたが、お蕎麦もつきたてのお餅も、とてもおいしかったです。
d0102900_7111690.jpg

d0102900_751557.jpg

d0102900_5101354.jpg
宿場町の道沿いには清流があり、凍るように冷たく澄んだ水が流れていました。
そこに、ラムネやスイカが冷やしてあって、、懐かしかった。
d0102900_785118.jpg

[PR]
by consolatrice | 2010-09-01 07:09 | Japan

日本の夏休み 那須編2ー二々倶楽部

那須での二日目は、友人の22ちゃんのお家にお世話になりました。
彼の那須のお宅は、通称ニ々倶楽部と呼ばれています。
こちらには、お仕事を引退された彼のご両親が、東京を離れてお住まいです。
3年ほど前に建てられたお宅は、天井が高く、広々とした素敵な所です。
まずは、二匹の猫が、お出迎えしてくれました。(決して愛想が良かった訳ではありませんが。。)
d0102900_4231681.jpg


夜には、調理師免許をお持ちのお父様が、腕を振るって下さりました。
初日はフレンチと和食のミックス、翌日は中華のフルコースでした。
茶碗蒸し、噂通りおいかったです。
d0102900_4281264.jpg


滞在中、22ちゃんのお友達も紹介してもらいました。
皆の写真を撮れなかったけど、他にもたくさんお友達がいます。
d0102900_432470.jpg


それにしても、那須は涼しくて静かで過ごしやすかった。
やっぱり田舎はいいね。身も心も癒されました。
ごちそうさまでした。
[PR]
by consolatrice | 2010-08-31 04:33 | Japan

日本の夏休み 那須編1

栃木の実家を後に、那須高原へ。
標高が高く、緑に囲まれていることから、
都会とは比べ物にならない過ごしやすさでした。
那須では、東京在住で那須に家を持つ友人の22ちゃんが手配してくれた
山水閣にて温泉に入り、懐石料理を楽しみにました。
素敵な所です。
d0102900_4131245.jpg

d0102900_414125.jpg

d0102900_4151735.jpg

[PR]
by consolatrice | 2010-08-31 04:15 | Japan

日本の夏休み 栃木編ー里帰り

お盆も過ぎた頃、栃木へ。
大阪に比べると、緑が多いせいなのか、とても涼しく感じました。
夜も久々にぐっすり眠れたなー。つかの間の静けさでした。
d0102900_431652.jpg

d0102900_44246.jpg

[PR]
by consolatrice | 2010-08-31 04:04 | Japan

日本の夏休み 大阪編ー里帰り

沖縄を後にし、那覇から大阪へ。
大阪では、相方の実家に里帰りしました。
義兄と義弟の家族も一同に集まり、にぎやかな一夜を過ごしました。
いやー、日本は暑かった!
そして、都会には人が多い。ものが多い。店が多い。
情報量の多さに圧倒されました。
それでも、おいしいものを食べると日本っていいなーと思いますね。
たこ焼き、お好み焼き、ラーメンなど、大阪ではB級グルメとウィンドーショッピングに日々明け暮れました。皆さんありがとう。
d0102900_3484850.jpg

d0102900_3495478.jpg

[PR]
by consolatrice | 2010-08-30 04:04 | Japan

日本の夏休み 沖縄編ー阿嘉島2

自然の残る阿嘉島には、慶良間鹿という野生のシカが生息しています。
初日の夕方、民宿のおじさんに海岸から宿まで車で送ってもらう途中、
相方が草むらにシカを発見したようですが、あいにく私は見られませんでした。
翌日は、車ではなく、徒歩で海岸から宿へ。
夜行性なのか、日中は見かけないのですが、夕方海岸から集落までのほんの1−2キロの間に3頭のシカを見かけました。ひょっとしたら、人口よりもシカの数の方が多いのでは?
d0102900_18212175.jpg

d0102900_1822880.jpg

海にも、生き物がいっぱい。水中カメラを持っていないので、魚が撮れなかったのが残念ですが、魚の数は本当に多かった!下の写真は宿の近くの海岸の波打ち際にいた魚です。波打ち際でこれよ。まー、すごかった。
d0102900_18243857.jpg


そして、夜は星が素晴らしかった。宿の屋上から流れ星を見たのですが、去年サルデーニアでみた巨大な流れ星を上回る大きな流れ星が、長ーい尾を引いて光って消えて行きました。
さらに良く星を見ようと、展望台に上ったのですが、暗闇の草薮にはシカなのか動物の気配と鳴き声が。。蚊の攻撃にも耐えかねてさっさと退散しました。
いやー、本当に素敵な所でした。また行きたいです。
d0102900_18292176.jpg

d0102900_18305635.jpg

[PR]
by consolatrice | 2010-08-29 18:31 | Japan

日本の夏休み 沖縄編ー阿嘉島1

那覇で一泊した後は、フェリーで慶良間諸島の阿嘉島へ。
フェリーに乗って30分ほどすると、遠くに無人島が。。
水着のグラビアで見るような真っ白な砂浜にコバルトブルーの海が。。
思わず、テンションがあがります。
d0102900_1726417.jpg

無人島を遠くに、1時間ほどすると目的地の阿嘉島、座間味島が見えてきます。
天候にも恵まれ、ますます気持ちが盛り上がります。
下の写真は、港の横の橋から撮ったものですが、港の横でこのレベルの海の美しさです。
水も、こんなに澄んでいます。
d0102900_1732013.jpg
d0102900_17323990.jpg


阿嘉島は、ブログにも頻繁に登場する友人夫妻の、沖縄に住む弟さんから紹介していただきました。
その後も、ミラノに住む他の日本人の友人にも勧められました。ダイバーの聖地といわれるほど、魚の豊富さと水の透明度が素晴らしいです。下は、島で一番広い砂浜のニシハマビーチです。
お盆の週ということで、海岸には人が少しいましたが、イタリアの夏の海岸とは比べ物にならない人の少なさです。いやー素晴らしい。日焼けしてる人がほとんどいませんでしたね。
沿岸は、珊瑚礁に囲まれ、浅瀬が続きます。丁度珊瑚礁のどぎれるあたりに魚がたくさんいて、何もしなくてもシマダイみたいな魚が近寄ってきます。水族館並みです。シュノーケリングがほぼ初めての相方も、魚の豊富さと海の美しさに大興奮でした。
d0102900_17414913.jpg

d0102900_17424448.jpg

d0102900_1759249.jpg



とにかく、海がきれいでした。
日本にもこんなに自然が残されていて、良い所がたくさんあるんだなーと実感しました。
それにしても、やっぱり日本にはバカンスの文化はまだまだないな、、と思いました。阿嘉島には、結構若者が集まっているにも関わらず、海の家やバーなどは充実しているとはいえず、、メインはストイックに潜ること。。という感じでした。ヨーロッパの避暑地を見慣れていると、夏場だけ営業する洒落たレストランやカフェなどがあってもよさそうでしたが。。皆2泊3日くらいで島を去ってしまうからなのかな。。都会には、洒落た店があふれているのに田舎には何もない。。まあ、そこが良いとこなのかな。
こちらは、ニシハマ以外のビーチ。
一つ目は、港のすぐ横で民宿が建ち並ぶ集落のすぐ前なのですが、多少ゴミが落ちていたものの、海は透明でした。貸し切り状態。ここでも十分楽しめます。二つ目は、夜になるとビーチバーが出る(去年までは、、今年はなかったみたい)という浜。車の通れる道から草むらを抜けて行くので、誰もいませんでした。
d0102900_17571371.jpg

d0102900_17575851.jpg

[PR]
by consolatrice | 2010-08-29 18:00 | Japan