ミラノ在住 某ブランドの裏方で日々奮闘中
by consolatrice
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


カテゴリ:料理( 200 )

イタリア家庭料理

私も料理好きですが、友人に私以上に料理に凝っているカップルがいます。
イタリア人は普通でも結構食べ物にうるさく、食べ物の話で1時間も話せる人が多いのですが、
彼ら(特に旦那さんの方)は、伝統的なレシピにちょっと手を加えて新鮮な感じの料理を作ります。
いつか一緒に料理本を出したいと話しているのですが、いつになることやら。

だいぶ前になりますが、クリスマス前に奥さんの実家にお呼ばれした時の料理です。
まずは、前菜にレバーのパテと野草のペースト。
この野草はなぜかトリュフの香りがするのです。
d0102900_19585849.jpg


シンプルなパスタの後に、メインの牛肉の煮込み。
しっかり煮込んだお肉は柔らかく、余分なものが一切入っていないので、とてもあっさりした味でした。
d0102900_200144.jpg


そして、デザートは親戚のおばちゃん特製のチョコレートケーキ。
ハリネズミの針はアーモンドを細く切って煎ったものです。
これを一つ一つ飾るだけでも結構根気が必要ですよね。
d0102900_2014424.jpg


そして、こちらは別の日に彼らの新居にお邪魔した時のもの。
パンのフライの中にはモッツァレラチーズとアンチョビが。
かなりのカロリー爆弾ですが、おいしいかったです。
d0102900_2034462.jpg

[PR]
by consolatrice | 2013-05-01 20:04 | 料理

Sarde a Beccafico

ちょっと前ですが、鰯があったのでシチリアの代表的な料理Beccaficoを作りました。
鰯を開いて中にパン粉と松の実とレーズンを包みレモンをたっぷり絞ってオーブンで焼きます。ペコリーノチーズも入れたかな。
焼き上がるとレモンの酸味はほとんど飛んで甘みと香りだけが残り、とても繊細な味になります。
d0102900_835428.jpg

[PR]
by consolatrice | 2013-04-12 08:35 | 料理

ミラノ魚市場活用2

またまた溜まったネタですが、この日はマグロの腹肉を安く手に入れる事ができました。
この塊で20ユーロくらいだったかな。
d0102900_2330345.jpg


ということで、この日は一日ほぼマグロづくしとなりました。
まず、ランチはマグロ丼。安かっただけあって、血合いが少しにおいましたが、皮と血合いを全て取ると美味しい中トロだけが残りました。
d0102900_23314647.jpg


そして、夜はお刺身と牡蠣とタルタルとタタキと炙り。
やはりマグロは美味しいですな。
d0102900_23345773.jpg

d0102900_23352095.jpg

d0102900_23361096.jpg

[PR]
by consolatrice | 2013-03-31 23:37 | 料理

ミラノ魚市場活用1

新年に決意して、再度ブログの更新に努めようと思ったのにも関わらず、
結局2月は1つもアップできませんでした。
ということで、溜まったネタを。。

年末くらいからしばらくミラノの中央市場に通っていました。
毎週土曜日の朝だけ一般公開しているのですが、
魚や野菜、花などが格安で手に入ります。
大量に購入しなくてはいけないのが難点ですが。。
d0102900_23163630.jpg


この日は、カンパチが1匹18ユーロくらいで売っていたので、
これを捌いてカンパチづくしにしてみました。
お刺身にするには若干鮮度が低かったので、調理しました。
こちらは、カルパッチョのマスタードソース。
d0102900_23181641.jpg


その他に、海鮮サラダ、カボチャのスープ、カンパチのソテーのズッキーニソース。
友人がフランスとイタリアの美味しいワインを持ち寄ってくれて、楽しいディナーとなりました。
d0102900_23215084.jpg

[PR]
by consolatrice | 2013-03-31 23:22 | 料理

マンマのご飯 乾燥空豆のピュレ

プーリア滞在3日目、この日は午前中にレンタカーをピックアップした後、
午後から相方と二人で、更に南のDisoという街へ移動しました。
出発前には、2日間お世話になった友人宅で必ずお昼を食べて行け
ということで、友人のお母さんが朝から準備した豪華ランチを
ごちそうになりました。
プーリアでは、肉も魚もおいしいのですが、野菜の味がまた格別です。
イタリアの野菜の味は濃いなと思っていましたが、
こちらの野菜は、私達が普段食べている野菜とは全然比較にならないほど
野性的な自然の味がするのです。
まずは、パプリカのグリルや、チコリ(ほろ苦い緑の野菜)を
アリオーリオで炒め煮にしたもの、
柔らかく茹でたプンタレッレの大きくなったような野菜(これもチコリと呼ばれてます)
など、野菜を中心とした前菜をいただきました。
プリモは、下の写真にある乾燥させた空豆を戻してピュレにしたものに
茹でたチコリと揚げパンを乗せたものです。
これも、この旅行で食べたもののベスト3に入る抜群の美味さでした。
d0102900_237163.jpg

この後、セコンドには魚介のフリットと、
豪華なランチとなりました。
ここには、友人のお母さんと住み込みの家政婦さん(身寄りのない彼女は今や家族の一員です)、中庭を隔てて同じ敷地に友人のお姉さん一家が住んでいます。
d0102900_23103445.jpg

写真の真ん中に映っているのは友人の11歳になる姪っ子ですが、
もう既にお母さんと同じ体つきになってました。
ご飯美味しいもんねー。
[PR]
by consolatrice | 2012-08-26 23:11 | 料理

Arabな気分

親しくしているA夫妻が、パリを離れて先日中東のある都市へ
転勤しました。丁度誕生日にタジン鍋をプレゼントされたので、
なんだかアラブな気分の夕食にしてみました。
チキンと夏野菜のサラダと、カレー風味の野菜の煮込みです。
ご飯とゆで卵と一緒に頂きましたが、ゆで卵はいらなかったかも。
d0102900_5263870.jpg

d0102900_52848.jpg

d0102900_5283328.jpg

[PR]
by consolatrice | 2012-08-02 05:28 | 料理

グリーンピースのパスタ応用編

生のグリーンピースもそろそろ終わりかな、、ということで
またパスタを作ってみました。
今回は少し応用して、ズッキーニとパンチェッタを加え、
その上にミントと、レモンの皮とナッツをかけてみました。
ミントとナッツでかなりお洒落っぽい味になりますな。
相方さんには、特に好評でもなかったのですが、
個人的にはかなり気に入りました。
味が馴染むようにできるには、あと2回くらい作らないといけないかな。
d0102900_4275411.jpg

[PR]
by consolatrice | 2012-06-18 04:28 | 料理

からすみとズッキーニのパスタ

サルデーニャ旅行のお土産にいただいたからすみで
パスタを作りました。
このからすみは、色味が黄色っぽかったので、
ズッキーニの緑と一緒に菜の花のような春らしい色合いになりました。
からすみのねっとりしたコクのある味わい、たまりません。
日本のたらこスパは、ここから来てるんでしょうかね。

d0102900_61454.jpg

[PR]
by consolatrice | 2012-05-08 06:14 | 料理

鰯づくし

先日、市場で1キロ4ユーロで小ぶりの鰯を売っていたので、
500グラム購入しました。
鰯は大好きな魚の一つですが、その名の通りすぐに痛んでしまうので、
翌日には全てを食べきりました。
まずは、鰯を一匹ずつ手開きにします。
しっかり腸を取って洗います。
これが中途半端に残っていると、苦みが口に残るのです。
d0102900_5574071.jpg

まずは、軽く塩で締めて、バーナーで炙りました。
これをマスタード醤油で白髪ネギと一緒に食べると抜群においしいのです。
d0102900_5581853.jpg


続いて、シチリア料理のレシピから、鰯のレモングリル。
開いた鰯の片側に削ったペコリーノチーズ、もう片側にパン粉をまぶし
チーズが付いた側を内側にして折り、グリル皿に並べます。
間にレモンの薄切りを差し込んで塩こしょう
オリーブオイルをしてオーブンで焼きます。
左が加熱前、右が加熱後です。
d0102900_621961.jpg


もう一つ、シチリア料理のレシピから。
鰯のシチリア風グリル。
中にパン粉と干しぶどうと松の実を入れた具を巻き込み
オリーブオイルをかけて焼きます。
間にセージの葉を挟んで香り付けしましたが、
具にパセリを入れても良かったかも。
ぱさぱさしてしまったので、あとから少し白ワインを足して
オーブンに入れなおしたら、しっとりとおいしくなりました。
d0102900_68269.jpg


それにしてもわずか2ユーロでこれだけの料理になってしまう鰯って
えらいですな。いい魚です。
[PR]
by consolatrice | 2012-05-08 06:09 | 料理

日曜日のランチ

イタリアで、日曜日のランチはとても重要です。
今でも、毎週実家に帰って日曜日のランチを両親と食べる人たちが
結構多くいます。
この週末は、パリの友人夫婦と、ミラノに住むK家と合計7人で
我が家でランチをしました。
この日のメニューは、海老の前菜2種、チキンとアーティチョークのサラダ、
この時期の定番メニュー、アグレッティ(ひげ)のアンチョビソース炒め、
マグロのタルタル、自家製トマトソースのパスタ、
そして牛のカルパッチョ炙り3種でした。
前日の夜には、Wicky'sで贅沢三昧かつ食べ過ぎで疲れた胃腸にも
どうにか入りました。
A家の皆様、またのお越しをお待ちしております。

d0102900_04813.jpg

d0102900_044279.jpg

d0102900_053892.jpg

[PR]
by consolatrice | 2012-05-02 00:06 | 料理