ミラノ在住 某ブランドの裏方で日々奮闘中
by consolatrice
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体

料理
シーズン
ongaku
Shopping
Vino
Milano
ニュース
日常
Firenze
Movie
Torino
Paris
Fashion
写真
おいしいお店
Japan
おうち
検索
フォロー中のブログ
下町グルメ探訪
ogni tanto -...
ブログパーツ
以前の記事
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 06月
more...
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


年末はバルセロナ2

4泊5日の旅行のうちほぼ2日は風邪で旅を満喫できなかったので、
せめて朝ご飯だけは、、と毎日通ったのがこちら。
宿泊していたホテルのすぐ近所でたまたま見つけた店ですが、
意外にコーヒーがおいしくて、食べ物のメニューも充実。
いつも人で一杯でした。
このお店の向かい側には、すごいストリートアートの落書きがありました。
d0102900_7211946.jpg

d0102900_7221026.jpg

[PR]
# by consolatrice | 2013-01-08 07:27 |

年末はバルセロナ

d0102900_6521454.jpg

クリスマスの翌日26日から30日まで、バルロナへ行ってきました。
私は、仕事で年に2-3回訪れるのですが、相方と行くのは10年ぶりでした。
つい昨日のことのようですが、10年も経っているかと思うと。。
到着した26日の夜は、旧市街を軽く散策した後、マンダリンオリエンタルで一杯飲んで、私の好きなBotafumeiroへ。しかしながら、終始悪寒がしていたので、宿に戻って熱を測るとなんと37.7度。
その後深夜に38度を超え、翌日の昼過ぎまで熱は下がらなかったのでした。
熱を出すのは1年に1-2回あるかどうかなのですが、発熱するのは決まって休みの日なのです。
翌日の晩には根性で熱を下げて、食事に出かけました。

下の写真は、27日にふらふらしながら訪れた、地元のビールメーカーMoritzの経営するビアレストラン兼ショップ兼ギャラリーです。
地上階がレストランとショップ、地下がギャラリーになっています。
このお店で出るビールはここで作っているそうです。もちろん、工場は別にあるのですが。。
レストランはいつ前を通っても人で一杯でした。
私達が旅行中お世話になった知人(友人の友人)のデザイナーの方が、この地下のギャラリースペースで行われていたイベントに参加(出店)していたので、ここで待ち合わせて、その後街へ軽く繰り出したのでした。
d0102900_6583462.jpg

d0102900_6591721.jpg

d0102900_6594050.jpg

d0102900_71574.jpg

[PR]
# by consolatrice | 2013-01-08 07:02 |

今年もよろしくお願いします。

なんだかこのところ、ブログもすっかりサボりがちです。
理由はというと、
1)同居人がいるので、炊事などで毎日忙しい。
2)iPadのお陰で、パソコンの前に座る事が少なくなった。
3)パソコンのある部屋が寒い。
4)iPhoneを買ったお陰でツイッターやFacebookに興味が集中。
5)とりあえず、なんかめんどくさい。
と、いろいろありますが、ブログは頑張って続けます。
写真の質も違うしね。
d0102900_6363624.jpg


ということで、今年は色々と頑張ります。
そろそろ健康にも気をつけた生活を送りたいと思います。
よろしく。
[PR]
# by consolatrice | 2013-01-08 06:39 | シーズン

最近のお気に入りスポット2

最近、といってもここ1ヶ月以上出張続きなので、ほとんど何処にも行ってませんが、この夏かなり頻繁に通った場所をご紹介します。
Balera dell'Orticaというこの場所は、国鉄の付属施設だったようで、Bocciaという妙齢の方々が楽しむいわゆるゲートボールのような球技をする球技場と、野外社交ダンス場が併設した食堂です。
夏の間は、バカンスに行かない(行けない)ミラネーゼ達がたくさん集まっていたのでした。
特に面白かったのは、意外にクリエイティブ系の若者がたくさん集まっていた事。
夜もふけると、社交ダンス用のチャチャチャとかイタリアの80年代歌謡曲にのって老若男女が楽しく踊り始めるのです。なんだかミラノじゃないような、田舎の雰囲気が私達はとっても気に入ってしまい、何度も通いました。
プリモとセコンドとワインと水で締めて15−18ユーロという激安の食堂は、夏中かなりの人でにぎわっていたのでした。
しばらく行っていないのですが、冬も屋内で盛り上がっているようなので、久々に行ってみないとね。
Balera dell'Ortica
d0102900_3411744.jpg

d0102900_3415463.jpg

d0102900_3422521.jpg

[PR]
# by consolatrice | 2012-11-17 03:43 | Milano

最近のお気に入りスポット1

最近、ミラノでいくつかお気に入りのお店があります。
気取らないけどお洒落な、新しいミラノを感じさせるお店です。

まず、こちら。Pavè
今年の春頃できたこのお店は、お洒落な若者が経営するパン屋さん兼カフェです。
私達は、ここ最近毎週末、朝ご飯をしに通っています。
このところ益々満員なのですが、すっかり何を頼むかも覚えてもらっているので、常連気分で毎週末車でわざわざこのお店に向かうのです。

イタリアらしいブリオッシュが一押しですが、ミルフィーユも美味しいです。

d0102900_6483187.jpg


d0102900_72335.jpg


d0102900_724664.jpg

[PR]
# by consolatrice | 2012-11-05 07:03 | Milano

画期的コーヒー入れ QUARTA

サレントには地元のコーヒーメーカーがいくつかあるのですが、
その中でもこのQuartaというブランドは、メジャーブランドです。
夏休みに滞在していたB&Bに置いてあった、このQuartaの入れ物にデザインと機能性で惚れ込んでしまいました。

まず、この70年代風のグラフィックデザイン。かなりいけてます。
赤いプラスチックのふたのようなものが付いているのですが、これがすごい。
エスプレッソ用のモカの上にこれを逆さまにして、横に付いている取っ手のようなものをくるりと回します。この時、取っ手の位置を覚えておかなければなりません。
取っ手を1回転もしくは2回転させると、、、
コーヒーがきっちりモカの中に入っているのです。
これで、コーヒーを入れる時に周りにこぼしたりする心配もありません。
きれいにコーヒーが適量入ります。
d0102900_155391.jpg


d0102900_17250.jpg


かなり気に入ったので、お土産用にたくさん買って帰りました。
もちろん、コーヒーも美味しいです。
[PR]
# by consolatrice | 2012-11-02 01:07 | Shopping

L'Officina@Perugia

ペルージア滞在2日目の夜、街の中心街から少し外れたところを散策していると、ちょっと洒落たワインバーを発見。その隣には、バーと同じオーナーが経営するL'Officinaというレストランがありました。

オーナーはギリシャ人、シェフとソムリエは日本人という、ペルージアらしいインターナショナルなお店で、料理も繊細で独創的な料理が楽しめました。

d0102900_04161.jpg


こちらは、青菜と温泉卵のカプチーノ仕立て。あっさりしてて美味しかった。
d0102900_0452817.jpg


こちらは、クリスピーな皮の中に牛のタルタルが入っていて、上にマスカルポーネの泡がのっていました。シンプルな味付けに食感のミックスがおいしかった。
d0102900_0474960.jpg


相方は、ズッキーニとバカラのミルフィーユ風と牛のタリアータを頼みました。
どれも美味しかった。また今度トリュフの時期に行きたいな。
d0102900_052206.jpg

[PR]
# by consolatrice | 2012-11-02 00:52 | おいしいお店

Perugia

しつこく続けた夏休みの旅行記ですが、そろそろ終わりです。
プーリアに2週間ほど滞在した後は、列車でAbruzzoのSan Salvoという所の海岸近くでお土産物屋さんを営む友人を訪ね、その後思い出の地、ペルージアを訪れたのでした。
最初は一泊のつもりでしたが、相方の体調が初日はイマイチだった事もあり、もう一泊したのでした。
久々に訪れるこの街は、無人モノレールができたりと、少し変化していました。
中でも結構ショックだったのは、旧市街の中心にあった昔ながらの食材屋やエノテカ、ピザ屋などの商店がなくなってしまい、代わりにチェーン店の格安商品を売る店や外国人が経営するいかがわしい店に変わってしまっていたのでした。
恐らく、ユーロバブルによって地価が高騰し、イタリア人の若い地元の人達は郊外へ移り、街の中心には外国人や学生向けの店だけが残ってしまったようです。空き家になった商店も目立ち、なんだかちょっと心寂しくなりました。一日も早く景気回復して、かつてのような活気を取り戻して欲しいです。ヨーロッパならではの、古くからのお店や文化を守って行って欲しいものです。
d0102900_23264538.jpg

d0102900_23292021.jpg

d0102900_23304539.jpg

[PR]
# by consolatrice | 2012-10-06 23:31 |

プーリアの夏休み その10 Punta Suino, Porto Selvaggio

夏休みが終わってもう1ヶ月以上経ちましたが、まだ旅行記を続けます。
プーリア滞在最後の数日は、もっぱらGallipoli周辺のビーチに通いました。
まずは、Gallipoliの南のPunta Suino。
この隣には、Makoビーチというゲイのビーチがあり、設備も整っていてきれいという友人の勧めで行ってみたのですが、ピチピチのビキニパンツでおもむろにいちゃいちゃする皆さんに囲まれると、目のやり場に困る感じでした。下の写真を見ると観客の前列が皆同様のファッションのゲイの皆さんで埋め尽くされているのがわかります。この写真を撮った日は、友人の友人がビーチのカフェでコンサートをするということで、夕方遅くまでこちらでモヒート片手に海風に吹かれたのでした。

d0102900_6273118.jpg

d0102900_6281215.jpg


そして、こちらはPorto Selvaggio。
Gallipoliの少し北にあるこの場所は、車の通る道から松林を延々と歩いた先にある、自然と緑豊かな岩場の海岸です。海も透き通っていて、風光明媚なこの辺りの名所ですが、私達が着いたのはすっかり夕方だったので、海には入らずに夕日を見る為に日没近くまでずっと海岸で友人達と海を眺めながら話をして過ごしました。
d0102900_63431100.jpg

d0102900_6375464.jpg

d0102900_6383945.jpg


最後にこちらは、Torre Lapillo。
Porto Selvaggioよりもやや北にあるこの浜は、この滞在中行ったビーチの中で一番良かったです。
白い砂浜、遠浅で透き通った海。水の透明感は素晴らしかったです。
次回来る時は、ずっとここにいてもいいかな。。
d0102900_6414459.jpg

d0102900_6424081.jpg

d0102900_643117.jpg

[PR]
# by consolatrice | 2012-10-01 06:43 |

Masseria Melcarne @ Surbo (Lecce)

Ostuniから帰った後、身支度をして再び車で友人宅へ。
この日の夜は、ミラノから旅行に来ている他の友人達と皆で郊外のレストランへ。
この辺りのオリーブ畑やぶどう畑の合間にはMasseriaと呼ばれる昔の庄屋のお屋敷のようなお城やVillaがあり、今ではホテルやレストランなどに改装されています。
この日は、MelcarneというLecceの郊外にあるレストランで食事をしました。
オリーブ畑の合間、舗装されてない道を抜けて行くと、石造りのお城が。外には椅子とテーブルが並べてあって、ロウソクの灯りの中食事ができます。食事はこの地方のいわゆる郷土料理が中心で、私は前菜と肉のグリルを注文し、ワインを飲んでお腹いっぱい食べて一人なんと20ユーロでした。
車がないと辿り着けませんが、満点の星空の下でする食事はとにかく最高です。
d0102900_0535259.jpg

d0102900_0535290.jpg

この日は、Ferragostoの翌日だったので、友人の実家のある街のお祭りに立ち寄りました。サレントのルミナリエはとても有名なようで、この小さな街もこの夜はかなりの人でした。
朝から活動して深夜まで長い一日だったけど、南イタリアの夏休を満喫しました。
d0102900_0583025.jpg

d0102900_0585768.jpg

[PR]
# by consolatrice | 2012-09-24 00:59 | おいしいお店