ミラノ在住 某ブランドの裏方で日々奮闘中
by consolatrice
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


我が家の裏の肉屋

以前にも書きましたが、我が家の裏にあるお肉屋さんは
かなりすごいです。
肉のことを熟知している感じです。
以前は、特に肉に興味はなかったのですが、
ここの肉は一味違います。肉そのものがうまい。
店主のおじさんはかなりの働き者です。
なぜ、以前の店をたたんで裏に越してきたのかはまだなぞですが、
朝は7時から仕込みを始め、夜は8時まで営業し、
店の清掃も毎日徹底的にきれいにしています。
仕事を愛してる感じがしますね。
イタリアでは、肉の脂身を嫌う傾向があるのですが、
ここのおじさんは、おいしい脂のつき方(霜降り)みたいなものを
十分わかってます。料理の仕方もね。
今回は、ステーキ用の肉とカルパッチョを購入しました。
ステーキ用のサーロインは、大きすぎたので前夜に半分を
マスタードソースで食べ、翌日には、しょうゆ味で焼肉丼にしてみました。
カルパッチョ用の肉は、普通のカルパッチョ以外に、
ブルスケッタにフォアグラのパテを塗り、その上にカルパッチョと
トリュフオイルをかけてみました。(以前にバルセロナで食べたのをパクりました。)
このカルパッチョの肉の美しいピンク色はかなり食欲をそそりました。
うまかったっす。
d0102900_4565465.jpg
d0102900_4572414.jpg
d0102900_45886.jpg

[PR]
by consolatrice | 2010-02-11 04:58 | 料理
<< 魅惑の70年代・・・その2 祝ご卒業?? >>